皆さんは地球の大きさをご存じでしょうか?学校では確か「1周4万km」と習ったような遠い記憶が・・・。ググると「直径12,742 km」と出てきます。ところで、実際はどうすれば測れると思いますか?

世界で最初に地球の大きさを測ったのは、紀元前3世紀のギリシャの学者、エラトステネスです。彼はある町の井戸が、1年で一番太陽が高い夏至になると、深い奥底までまっすぐに日光が届くことを聞きます。これはつまり太陽が真上(90度方向)から差すということです

凡人だと「へ~、面白いねぇ」と、世間話のネタにして終わりでしょうが、エラトステネスは違いました。「自分が住む町(アレキサンドリア)ではそんな現象は起きない。つまり場所によって太陽高度が異なるということか。これは地球が丸いという証拠ではないか?よし、別の場所でも太陽高度を測って検証してみよう!」と好奇心に火がつきます

そこで、その井戸から920km離れたアレキサンドリアで同日同時刻に太陽高度を正確に測ってみると、真上から「7.2度」ほどズレていることが分かりました。これだけの情報があれば、あとは簡単な計算で地球の大きさが推定できます。920×360/7.2=約46,000km、これが円周、つまり地球一周の距離。円周率3.14で割れば直径は14,650km程度という数字になります

もちろん現代の人工衛星やレーザーを使ったハイテク計測に比べたら誤差はありますが、2000年以上も前にここまでの精度で、かつ科学的に計測をしたということが驚異的です。何よりも、凡人ならスルーしてしまうような何気ない情報から手がかりを掴んで探求する、情熱とアイデア、独創性に感服します

現代人はハイテクに頼り過ぎている感があります。ググっただけの情報は薄っぺらな「知識」に過ぎず、本当の意味での「知恵」にはなり得ません。常に「おや?」「なぜ?」「もしかして?」と問い続けるエラトステネスの好奇心と探究心は見習いたいものです