最近、将棋・囲碁の世界でコンピュータがプロ棋士を破る(衝撃的な)事例が続出しています。その昔(1997年)、コンピュータ(IBM”Deep Blue”)がチェス世界チャンピオン(カスパロフ)を破った時も大きな話題になりましたが、実はこの時は特定の対戦相手に特化した(少々セコい)プログラムだったそうです

ところが今回イ・セドルを破った”Alpha碁”で使われた”Deep Learning”という手法は、あらかじめ人間が組んだアルゴリズムに沿って動く従来型手法と全く異なり、まさに人間のように自律的に「自分で学習する」ものだそうです。だから、ひとつひとつ囲碁の戦略を教えなくても、何百万回と模擬的な「対戦」をこなして失敗しながら学び、人間ならン千年分の「経験」を積むことができるとか

いやはや、一昔前の「コンピュータのような頭脳(笑)」→決められたことしか出来ない融通の聞かない石頭~と茶化していた時代とは隔世の感があります。ハード面でも「量子コンピュータ」の開発が進んでおり、これが実用化するとネットで普及している「RSA暗号」が無力化するとか。時代はいよいよ「コンピュータ恐るべし」です

面白いのは、”Deep Learning”や”Alpha碁”を開発した天才ハサビス氏。かつてはチェスの神童と言われ、将棋やディプロマシーなど一通りの戦略ゲームをマスターした後、一番ハマっているのは「ポーカー」(*)だとか。確率計算だけでなく「ブラフ(はったり)」等のからんだ複雑で(人間的な)戦略(騙し合い?)は、まだまだコンピュータより生身の人間に一日の長があるようです

ますますコンピュータが幅を利かせるであろうこれからの時代、勝ち残るためのヒントがここにあるように思います

(*)いわゆるドローポーカーではなく、カジノで行われる(より戦略的な)「(テキサス)ホールデムポーカー」と思われます