・・・と聞いて、どのような印象を受けますか?

もし「コンピュータ=賢い・頭がいい」とお考えなら、それは大きな勘違いです。

現在のコンピュータ(ノイマン型)は、あらかじめ人間が指示(プログラム)したとおりにしか動けません(*)。また少しでも指示にミスや矛盾があると「エラー」と宣言して、もう働くのをやめてしまいます。(案外、ナマケモノなんです)

人間に例えれば「決められたことは素早く正確にこなすが、それ以外はボーっとしている。杓子定規で融通が効かない。応用力も創造性もゼロ」、こういう人のことです。こんな人を決して「頭がいい」とか「仕事が出来る」とは評価しませんよね。

「情報や解法を丸暗記して、それを高速にこなす」。これはコンピュータの大得意です。とても人間には太刀打ち出来ませんから、こういう単純作業はどんどんコンピュータに肩代わりしてもらえば良いのです。では、人間は何をすべきか?・・・コンピュータに出来ないことです。おのずから、答えは見えてきますよネ? (*「量子コンピュータ」のように「本当に賢い」かも知れない?技術も研究が進められています)(月刊BigSmile06/7月号掲載記事)